Taraxa Weekly Tech Update:2019週46

12月 06, 2019 ブログ No Comments »

At the end of October we released our second monthly update, “Aphrogenes”, to our Taraxa testnet. I encourage you to read more about it. This week saw the completion of our first of two sprints to our next monthly testnet upgrade. In addition to fixing performance issues as they arise in our initial testnet releases, we have been working to cleanup bits of code that are proof-of-concept and replace them with robust implementations. This week we finished implementing the underlying classes and methods for our efficient (PoW puzzle free), fair (inclusive protocol), and fast (DAG) block proposer scheme.

フルノード同期

  • いずれかのブロックが証明書の投票検証に失敗した場合の、同期されたPBFTブロックキューのフラッシュの最適化
  • PBFT同期の改善のためのコードレビューの完了
  • 変更されたVRF分類ユニットテストケース

効率的なブロック提案スキーム

  • 必要なメソッドを実装するVRF C ++ラッパーを作成しました
  • 真のVRF分類のためのリファクタリングされた投票クラス
  • 真のVRFキーペアの新しいセットを使用するようにユニットテストを修正

実行レイヤー

  • DAGブロックの期間の構成としてイーサリアムブロックの実装を完了し、プルリクエストを作成しました

乞うご期待。

コメントは締め切りました。